M&Aのメリット

M&Aの売却側メリット

・経営されているショップの廃業に際してM&Aを利用することは、売却利益だけでなく、お店をスケルトンにする高額な費用が不要になります。また、従業員・スタッフを譲渡すれば、彼らに事前に譲渡のことを知られることなく次の職場を確保することが出来ます。

・店舗ではない通常の会社や事業所であっても事業承継に困っているならM&Aは有効な手段といえます。売却利益はもちろんですが、従業員をそのまま雇用してもらえますし、顧客に迷惑をかけることなく事業を継続してもらえます。

 

M&Aの買収側メリット

・ショップを購入する側にとっては、お店の新規開店や開業・独立されるに際してM&Aを利用することは、内装費用、什器、設備などの開店時の資金的・経営的なリスクを減らすことが出来ます。更に顧客情報を取得できますので、新規の広告費用が削減されます。加えて、スタッフを引き継げば、新規従業員の採用費用を節約することが出来ます。

・すでに経営されているショップと同種のショップを買収することは、既存の事業を拡大させることができます。また新規事業であれば新たに始めるというリスクを軽減できます。また閉店になってしまうショップを買収するということは、大きな社会貢献が出来る投資と言えます。

 

弊社のM&Aを利用するメリット

・弊社はビジネスブローカーであり、エージェントとして主に小規模な店舗やスモールビジネスの仲介を行っております。弊社は売り手の方がスモールビジネスを売却するにあたって大変な作業である買い手探し、価格設定、条件交渉、契約書の作成などを引き受けております。

・不動産とビジネスの仲介と大きく違うのは機密保持です。どのオーナーも自分のショップや会社が売りに出ていることを取引先や従業員には知られたくありません。この点におきまして、弊社の代表者は行政書士事務所を経営しております。行政書士は法律上において守秘義務が課せられておりますので、信頼性において大きなアドバンテージがあります。

・不動産売買とビジネス売買は、全く性質が異なります。不動産売買の場合、売り手と買い手の間に信頼関係が生じる必要はありません。しかし、ビジネスの売買の場合、この信頼関係が非常に重要です。その一つの理由として、M&Aの場合、ショップだけでなく営業の権利も譲渡することがあります。通常、営業権利の譲渡は人的な繋がりが売買の後も残ることになります。また、売りに出されるビジネスにおいて売り手が買い手にローンを提供することがあります。例えば、5000万円の仲介ビジネスの場合、頭金2000万円で、残りは金利5%の2年払いというように、買い手は購入時に頭金を支払い、残りは売り手に月々の支払いを行なうことがあるからです。よって、売り手と買い手の間には信頼関係が最も必要と言えます。そのためには仲介会社に高い信頼性が求められます。

・弊社の代表は行政書士です。M&Aの際にもっとも大切な秘密厳守という点において高い信頼性があります。またM&Aに関わる契約書は全て行政書士事務所が作成します。

 

M&Aとは

M&Aとは、Merger(合併)とAcquisition(買収)の略で、企業の合併と買収のことです。
小さなビジネスなどでは合併ということはほとんどありませんので、おしゃれショップ事業のM&Aとはショップの買収ということになります。

 

M&Aはお見合い

ショップを買収する場合、運営会社をそのまま買収する会社買収と、ショップの事業のみを買収する事業譲渡があります。
会社買収のとき運営会社が株式会社であれば株式買収であり、合同会社であれば持分買収となります。

ちなみに旧商法では、事業の譲渡という言葉ではなく営業の譲渡という言葉が使われていましたので、今も営業譲渡とも言い、事業譲渡と同意語となります。

またM&Aというと敵対的買収のようなイメージがありますが、小さなショップを含めて中小企業にこのような敵対的買収はあり得ません。 なぜなら、売り手側のショップオーナーも「売りたい」という意思から始まっているからです。

よってショップのM&Aは、「お見合い」のようなイメージになり、弊社はその間をとりもつ「仲人」という立場になります。

M&Aに際して、買い手は「このショップを買ったならばこのような事業展開が出来るだろう」と考えますし、逆に売り手は「安心してこのショップの運営やスタッフを任せられるだろうか」と考えるわけです。

そして買い手側は買収のリスクを考慮して買収するかどうかを決断するわけです。 但し、売り手側も同様に買い手の信頼性を考慮して、譲渡するかどうかを決めますので、売り手側が買収を断ることも多々あります。 ですので、両者の関係はあくまで対等なものとなります。

 

M&Aは「時間を買える」という最大メリット

買い手側の最大のメリットは「時間を買える」ということです。

つまり、買い手はM&Aにより、新規事業として一からショップを新しい場所で始めるときの市場調査、不動産探し、内装工事、設備購入、従業員の採用、広告宣伝といったあらゆる事業のスタート時の時間を買うことになります。

同時にこれらの労力、費用をも買うことになります。つまり経営者は、M&Aによって新規事業のリスクを最大限に軽減出来るということになります。

またM&Aは時間、労力、費用の軽減だけでなく、シナジー効果(相乗効果)の期待が持てます。新しいショップを買うことによって元のショップが持っていた価値までもが上がることが多々あります。

仕入れコストの削減、スタッフ間の移動、顧客の増加、店舗拡大のブランディング効果などがあります。地方のショップが大都市のショップを持つことによってブランディングとなり、元あったショップまでもが集客の増加につながることはよくあることです。

よってショップのM&Aは単純に買収する店舗のみの利益だけを考えての投資ではないということです。

 

M&Aは売り手と買い手のニーズをマッチング

<売りたい人のニーズ>

・お店の後継者がいない
・儲かっているうちに売りたい
・まったく収益が上がらない
・別の事業に注力したい
・病気など体力的にきつくなってきた
・現状回復の閉店費用をかけたくない

<買いたい人のニーズ>

・新規にショップをやりたい
・多くの店舗を展開したい
・新しい場所へ移転したい
・開店・改築リフォームの費用を抑えたい
・経営リスクを低く抑えたい
・脱サラのリスクを抑えたい

 

Contact Us