メリット

M&Aの売却メリット

・経営されている店舗の廃業に際してM&Aを利用することは、売却利益だけでなく、お店をスケルトンにする高額な費用が不要になります。また、従業員・スタッフを譲渡すれば、彼らの次の職場を確保することが出来ます。

・店舗ではない通常の会社や工場であっても事業承継に困っているならM&Aは有効な手段といえます。売却利益はもちろんですが、従業員をそのまま雇用してもらえますし、顧客に迷惑をかけることなく事業を継続してもらえます。

M&Aの買収メリット

・店舗を購入する側にとっては、お店の新規開店や開業・独立されるに際してM&Aを利用することは、内装費用、什器、設備などの開店時の資金的・経営的なリスクを減らすことが出来ます。更に顧客情報を取得できますので、新規の広告費用が削減されます。加えて、スタッフを引き継げば、新規従業員の採用費用も節約することが出来ます。

・すでに経営されているお店と同種のお店を買収することは、既存の事業を拡大させることができます。また新規事業であれば新たに始めるというリスクを軽減できます。また閉店になってしまうお店を買収するということは、大きな社会貢献が出来る投資と言えます。

 

弊社のM&Aを利用するメリット

・弊社はビジネスブローカーであり、エージェントとして主に小規模な店舗やスモールビジネスの仲介を行っております。弊社は売り手の方がスモールビジネスを売却するにあたって大変な作業である買い手探し、価格設定、条件交渉、法的手続きなどを引き受けております。

・不動産とビジネスの仲介が大きく違うのは機密保持です。どのオーナーも自分のショップや会社が売りに出ていることを取引先や従業員には知られたくありません。この点におきまして、弊社の代表者は行政書士事務所を経営しております。行政書士は法律上において守秘義務が課せられておりますので、信頼性において大きなアドバンテージがあります。

・不動産売買とビジネス売買は、全く性質が異なります。不動産売買の場合、売り手と買い手の間に信頼関係が生じる必要はありません。しかし、ビジネスの売買の場合、この信頼関係が非常に重要です。その一つの理由として、M&Aの場合、ショップだけでなく営業の権利も譲渡することがあります。通常、営業権利の譲渡は人的な繋がりが売買の後も残ることになります。また、売りに出されるビジネスにおいて売り手が買い手にローンを提供することがあります。例えば、年3000万円の仲介ビジネスの場合、頭金1000万円で、残りは金利5%の2年払いというように、買い手は購入時に頭金を支払い、残りは売り手に月々の支払いを行なうことがあるからです。よって、売り手と買い手の間には信頼関係が最も必要と言えます。そのためには仲介会社に高い信頼性が求められます。

・弊社の代表は行政書士です。M&Aの際にもっとも大切な秘密厳守という点において高い信頼性があります。またあらゆる契約書は全て行政書士事務所が作成します。

 


 

M&Aのニーズについて

<売りたい人のニーズ>
・お店の後継者がいない
・儲かっているうちに売りたい
・まったく収益が上がらない
・別の事業に注力したい
・病気など体力的にきつくなってきた
・現状回復の閉店費用をかけたくない
<買いたい人のニーズ>
・新規にショップをやりたい
・多くの店舗を展開したい
・新しい場所へ移転したい
・開店・改築リフォームの費用を抑えたい
・経営リスクを低く抑えたい
・脱サラのリスクを抑えたい